在宅副業・フリーランスを始める前の準備

超厳選!おすすめの「パソコン・スマホ」ベスト3

色々なおすすめがあるけど結局どれがいいの?

初心者だから説明されてもわからないんだけどパソコンは欲しい

私にぴったりのパソコンは?選んで欲しい!

スマホの買い替えやパソコンの購入は非常に手間かかるし大変!

長い事使う物だから慎重に選ばないといけないけど凄く面倒…

スマホやパソコンの新規購入や買い替えにおいては上記のような悩みが必ずあります。

スマホやパソコンの購入のハードルは非常に高いです。

CPUやメモリ、グラフィック、様々な専門用語が難解に並ぶからです。学校でこんな事は詳しく教えてくれません。

男の子
男の子
「種類が多すぎてどれを買えばいいかよくわからない!でも高い物で長い間使う事を考えると慎重に検討をしないと…」
女の子
女の子
「また今度でいいや…スマホはまだ使えるし、パソコンはまあスマホもあるしね。困らないでしょ。」

と、こうなります。

パソコン・スマホのセットは必ず個人所有すべきです。

仕事でも生活においておあらゆる面で役立つ最強の電子機器だからです。

私は様々な副業でスマホ・パソコンを毎日使い月に10万程度稼ぎます。どんなパソコンが作業に効率的で便利か?仕事道具の事なので常に考えています。

この記事では超厳選したおすすめの「パソコン・スマホ」について難しい専門用語なしで解説しています。

この記事を読むことで、面倒なパソコンやスマホの事を勉強せずとも、失敗しないパソコン・スマホのセットを選ぶ事が出来ます。

結論としては現状買っておけば間違いない最高のスマホとパソコンは「MacBook Pro」と「iPhone」のセットです。

おすすめのパソコン

あなたがパソコン選びに時間をかけて悩む必要はありません。

それは私が様々なパソコンの性能比較をして順位をつけているからです。なのでここで悩み貴重な時間を使わないようにしてください。

おすすめのパソコン「ベスト3」

No.1 13インチ最新「MacBook Pro」

No.2 13インチ最新「MacBook Air」

No.3 14インチ「DAIV 4N」

買うべきおすすめは全てノートパソコンです。さらに13インチの物を選びましょう。もし13インチが無ければそれに出来るだけ近いサイズを選んでください。

このラインナップを選んでもらえれば、基本的な作業で困る事はまずありません。

ノートパソコンを選ぶ理由は作業効率です。

デスクトップの据え置き型の方が基本性能は良いので、同じ価格帯で比較すると処理能力ではノートパソコンは劣ります。

しかしノートパソコンを持ち運んで作業を出来る方が結果的な効率は必ず上がります。

最高に整えた環境で常に作業が出来れば効率は良いのですが、実際は常に同じ場所で作業を行える訳ではありませんし、「やりたい!」と思ったその際にパソコンがそこにないのは非常にもったいない事です。

気分転換にカフェなどサードプレイスでお洒落に作業する方が効率的な場合もあります。

その際に、

「13インチのノートパソコンは非常に軽い」

「充電器と一緒にバッグ入れてもコンパクト」

「かなり軽い脇に抱え持ち運べる。」

「作業にストレスを感じない画面サイズ」

こんな感じの絶妙なサイズ感、それが13インチです。

4K動画の長編編集や凝った演出アニメーションの制作などの大きく負荷がパソコンにかかる作業以外であれば大体はこなせるラインナップをベスト3に超厳選しました。

私は作業をどこでもしたいので常にMacBook Proを持ち運びますが、13インチのパソコンに慣れるとこれ以外は使えなくなります。デスクトップを使おうとは思えません。

よって買うべきは13インチの上記したノートパソコンになります。

MacBook Pro

おすすめの「MacBook Pro」

サイズ:13インチ

プロセッサ:M1

メモリ:16GB

ストレージ:1TB SSD

1番のおすすめは「MacBook Pro」です。購入の際に詳細な性能を選ぶことになりますので、上記記載の内容にしてもらえれば一般的な作業はまず困る事はないでしょう。

ほぼ全ての作業がこの1台で事足ります。

今後個人が動画編集やアニメーション、画像制作処理、プログラミングこういった作業を行う可能性を考えた際に、MacBook Proでまず個人使用や大半のビジネス作業も快適に行う事が出来ます。

家にデスクトップを置く必要もありません。作業したいと思った時にMacBook Proを開いた瞬間からすぐにそこが作業スペースになります。

MicrosoftのWindows製品でも良いのですが、13インチでこれほど高い性能を有しているパソコンは中々ありません。

従って13インチの「MacBook Pro」最高の1台是非買うべきノートパソコンと言えます。

MacBook Air

おすすめの「MacBook Air」

サイズ:13インチ

プロセッサ:M1

メモリ:16GB

ストレージ:512GB SSD

「MacBook Pro」と同じくらいにおすすめなのが「MacBook Air」です。

性能は上記のようにすればこちらも問題ありません。

「動画編集の仕事をする事は今後ない。絶対にやらない」

そう決めているのであれば、MacBook Airで十分でしょう。

一般的にエクセル、ワードなどオフィス作業に加えて、Photoshopやプログラミング、ライター業、ブログなど困る事はありません。

多少限定はされますが、YouTubeのフルHDの動画編集くらいなら出来てしまいます。

動画編集の仕事を受けるには物足りないですが、趣味の範囲で簡単な動画作りも出来てしまいます。

従ってMacBook Airも非常に優秀な13インチのノートパソコンと言えるでしょう。

DAIV 4N(マウスコンピューター)

おすすめの「DAIV 4N」

サイズ:14インチ

プロセッサ:Core i7-10510U

メモリ:16GB

ストレージ:512GB NVMe SSD

「動画編集もしたいが、MacBook Proは高すぎる。」

「Apple製品は持たない。使ったことのあるWindowsがいい!」

その場合はマウスコンピューターの「DAIV 4N」は価格が抑えられており非常にお勧めです。MacBook Proに寄せた性能にオーダーしても10万近く価格を抑えられます。しかもかなり軽いです。

ただ注意点としては

14インチ:MacBook Proに比べ、幅1.5cm、厚み2mm程度のサイズアップです

モニター:MacBookのRetinaディスプレイの方が綺麗すぎる

キーボード:MacのMagic Keyboardの使い心地が良い

MacBookに上記のような点では遅れをとるでしょう。

「とにかく価格重視!でも作業にストレスを感じるのが嫌だ」というわがままを叶えてくれるのがこのDAIV4です。

ただし価格が安いからというだけでパソコンを選ぶ事はお勧めしません。結局、どこか物足りなさを感じる事になります。

私もはじめ価格重視のパソコンを買いましたが、サイズや重さに嫌気がさして結局MacBook Proを買い直すことになりました。

おすすめのスマホ

スマホに関しても悩む必要はありません。

スマホは型落ちの「iPhone」かミドルレンジスマホの2択です。資金に余裕があるなら好きなブランドの最新ハイエンドモデルのスマホを買いましょう。

最新機種は非常に高い性能をしていますがスマホで日常的にやる事と言えば、

電話・LINE

音楽

写真・動画撮影

動画視聴

情報検索

SNS

ゲーム

このあたりでしょう。

この項目を満たすのに最新機種のスマホは必要ありません。型落ちのiPhoneやミドルレンジスマホでも十分な性能なのでストレスを感じる事はまずないでしょう。

これ以上の作業に関しては基本パソコンで行う方が確実に効率的です。

ただし長く使うものなので、お金をかけるという考えかたであればハイエンドモデルのスマホを選びましょう。

スマホは便利なツールですが、同時に人から時間を奪う悪魔のツールでもあります。必要な時にだけ使うようにしましょう。

私は電子決済が使えなくなるまでiPhone7を使っていました。

今回は比較のためにハイエンドモデルの「iPhone12Pro」と、「iPhone SE2」を新規購入しました。

私が上記した日常生活で使う項目を実践したところ「iPhone SE2」だけで問題はなかったと言えます。

従って買うべきおすすめのスマホは「型落ちのiPhone」もしくは「ミドルレンジスマホ」です。

iPhone(型落ち)

ノートパソコンをMacBookにしたのであれば「iPhone」の型落ち品を選びましょう。

iPhone SE2

iPhone 11

上記端末は型落ちですが、まだまだ使える優秀なスマホです。特にiPhone SE2は価格も抑えられているが性能は11とさほど変わらないくらい高いので非常におすすめです。

iPhoneを選ぶ理由としては、MacBookとの情報、ファイル共有が有能すぎます。特に便利なのが以下の4点です。

Air Drop

メモ・スケジュール

連携カメラ

Handoff

色々できる事は多いです。17の便利機能詳細はこちら→「お助けスマホ情報サイト」

この連携のいいところはMacBookとiPhoneにデフォルトで入っている機能だからです。非常に使いやすいですし初期設定もいりません。

上記機能を使いこなすのに最新のiPhoneである必要はないです。1〜2世代前の型落ちiPhoneでも十分に使いこなす事が可能です。

私の場合はAir Dropはブログに写真をアップする際に多用しています。また日本はiPhoneユーザーが多いので友人や家族への共有にも非常に便利です。

あとは電車や移動時にブログの内容が浮かぶも、MacBookを取り出せない!そんな場合は「メモ機能」を使って後からMacBookで連携をしています。

従ってMacBookを使用しているなら型落ちのiPhoneが超おすすめです。

ミドルレンジスマホ

最近のミドルレンジスマホが優秀過ぎます。

MacBookを使っていない人はAndroidのミドルレンジスマホを絶対選ぶべきです。

現状以下の2端末のどちらかを選べば間違いないでしょう。

Xiaomi

UMIDIGI

上記スマホが優秀な理由なのは、

3〜5万とスマホとしては安い

非常に高性能

カメラ画素数も高い

画面内指紋認証

この4点が非常にユーザーには魅力的な内容です。

MacBookユーザーでも連携にそれほど拘らないというのであれば断然こちらをおすすめします。スマホとパソコンの連携に関しては便利なアプリがいくらでもあるからです。

私の場合はスマホ利用は、移動中のYouTube視聴が殆どなのでiPhoneである必要も実際はありません。ただ連携機能を使うと作業効率が上がるので使用している、といったところです。

ミドルレンジスマホはかなり高性能。Windowsユーザーなら絶対にコレ。

最新ハイエンドモデル

ハイエンドモデルは高価格ですが間違いなく高性能であり買って後悔する事はありません。

以下の3機種がハイエンドでおすすめのスマホです。

iPhone12Pro

Xiaomi

GALAXY

カメラ画素や。MacBookの連携を考え上記をおすすめはしましたが、それ以外の機種でも必ず満足は出来るでしょう。

それまでに使っていたスマホと比較すればまず段違いの性能なので、そもそも難点が見つからないからです。

スマホは長い間使えるので一番最新機種を買っても長期的に考えれば無駄になりません。

3年以上使うというロングスパンのユーザーであればハイエンドモデルを大事に使うのも選択肢に入れるのはありです。

実際私もiPhone7は端末の交換はあったものの5年近く使いました。その当時はハイエンドモデルでしたので長いこと愛用出来ました。

長期使用の人はハイエンドモデルも選択肢の一つ。